ningen-nayami-9

私は35歳の専業主婦の女性、人間関係がうまくいかない相手は、私の母親60歳の女性です。母親はずっと小学校教諭として働いてきて、定年を迎えて今はパートで働いています。

母親はかなりしっかり系の女性でキャリアウーマンとして働きながらも、家事もしっかりとこなすという完璧主義に近いところがありました。

真面目で自分にも厳しく、その分ストレスが溜まるのか、物心のついた頃から娘である私に対しても厳しかったです。

何をやっても否定される!自分はダメな人間だと思うようになる

小学校のマラソン大会で優勝したのですが、その時には「速い人が休んでいたから」だと言われたり、絵が入選した時も「先生が手伝ってくれたから」ととにかく何か嫌なことを言ってくるような人でした。

私に対しての否定がすごく、何をやっても否定されというように感じて育ってきました。ただ愛情はあったと思いますし、母親としての責任は果たしてくれていました。

そのために複雑な心境でしたが、私は母親に否定されていることが蓄積されていき、「自分は何をやってもだめなんだ」「できない人間なんだ」と思うようになりました。

家族の中でも天然キャラとして、できない、だめだというところを出して笑いをとるようになりましたし、実際はそういった部分だけではなかったので、複雑でした。

母親はとにかく否定的!だから会う頻度を減らしました

大人になって私は結婚し、家を離れたのですが、その時にイライラして否定ばかりしている母親と距離を置けることが嬉しかったです。ただ孫のことなどで交流も持ったり、実家に帰省をするとやはり喧嘩になってしまいます。

母親は昔と変わってなくて、色々なことに対して否定的、子育ての悩みを話しても、夫についての話をしても、何をしても共感を得られることはありません。そして返ってくる言葉は私に対する否定、否定、否定です。

悩みの解決方法ではありませんが、自分の中で母親はそういう人間で私にとっては母親ではあるけれども、心のつながりを得られるような相手ではないと、割り切るようになりました。

相手とうまくいく、喧嘩をせずに、嫌な気持ちにならずに一緒にいることは無理なのかなと思い、会う頻度も減らしましたし、母親が言った言葉をまともにとらえないようにしました。

望むのを辞める!分かってもらおうと、しなくなって楽になった

昔は一言一言が刺さるというか真剣に考えて、自信をなくしていましたが、そういう人だから私が悪いわけではなく相手にも非があると考えると、自分を責める気持ちは少なくなりました。

結果的に関係は大きくは変わっていませんが、私にとってのストレスは減ったように思います。特に絶縁をしているとかではありませんし、たまに会いますが、大人になった今は自分で生きていくこともできますし、母親に頼って依存していく必要もありません。

周りでも実母の育児の助けを得ながら、良好な関係でいる人もたくさんいて、うらやましいですが、私にはそういった存在ではないなと割り切れるようになりましたし、母親に対して求めたり、期待をすることはずいぶん減りました。

母親との関係がうまくいかないと悩む場合、切っても切れない関係だからこその難しさはあるかと思いました。なんでわかってもらえないんだろう、わかってもらいたいのにとつながりや愛情を求めてみても満たされることはなく、私が望むような関係を求めることを止めました。

距離を置くと母親を客観的に見れた!良い部分もあると考えると、優しい気持ちになれる

実家で一緒に住んでいた時は、母親に対して会う機会も多く、イライラしたり傷つけられたりばかりでしたが、結婚をして私も母親が住んでいる家から独立すると、関わる機会が減り、それが良い部分もあるかなと思います。

母親は口が悪い、優しさの表現ができないだけで、優しい心を持っていたりすることもわかっています。そのことがわかっているので、もうそれだけで良いか、心の中と口で言っていることが裏腹の部分も多いから、聞き流してあげようと思うようにもなりました。